翻訳会社のお仕事

当社のような翻訳会社には、さまざまな人が働いていますが、仕事を発注する側の人と受ける側の人に分かれます。まず、思い浮かぶのは翻訳者ですが、この人は仕事を受ける側の人でフリーランスが多く、翻訳会社と契約を結んで編集者に仕事をもらいます。フリーランスのほかには、企業内翻訳者や派遣会社に登録して、そこから派遣されてくる翻訳者がいます。
また、翻訳者に仕事を発注する編集者は「翻訳コーディネーター」などとも呼ばれており、翻訳会社に勤めています。ほかに、翻訳内容を校正するチェッカーがいますが、この人も翻訳者と同じぐらいの外国語を扱う能力が必要になります。

ところで、翻訳会社だけでなく、外国語を扱っている企業は多く、IT関連の企業や、各種メーカー、製薬会社、証券会社、特許事務所など、翻訳作業が必要になる会社はたくさんあります。グローバルなビジネス展開を行っている企業であれば、翻訳は必須です。
翻訳会社が扱っている言語も、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語などといったポピュラーなものから、スロバキア語とかヒンディー語とかいったマイナーな言語までさまざまです。翻訳会社で一番重要なのは、翻訳者の質でしょう。多くの言語を話すことのできる、高品質な翻訳のできる人材を揃えることが大切です。

最近は、インターネットを使って翻訳サービスを行うオンライン翻訳会社も増えています。世界中の翻訳者が登録しており、24時間体制で翻訳サービスを提供しています。 当サイトでは翻訳会社で仕事をする人々について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。